スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か−福岡県警(時事通信)

 北橋健治北九州市長あてに、危害を加えることをほのめかす内容の脅迫状が送付されていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。市長は、指定暴力団工藤会に対する住民の反対運動に参加しており、福岡県警小倉北署などは運動に絡み暴力団関係者が送付した可能性もあるとみて、脅迫容疑で捜査している。
 捜査関係者によると、脅迫状は29日午前、市長あてに封書で市役所に届いた。同市内の消印で、差出人の名前はなかった。 

【関連ニュース】
知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も
サイトに上司の殺人依頼=パート女性、容疑で逮捕
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕
民主党に実弾?郵送=小沢幹事長を批判

性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知−京都地裁(時事通信)
新年度予算案、参院委で可決…今夕成立へ(読売新聞)
<キヤノン工事脱税>大光など3社に罰金2億5000万円(毎日新聞)
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%(医療介護CBニュース)
郵貯限度額引き上げに懸念=改革案は「民業圧迫」−野田財務副大臣(時事通信)

<サッカー>香川・丸亀高女の写真発見 大正期にはかま姿で(毎日新聞)

 大正期、はかま姿でサッカーボールを追う香川県丸亀市の県立丸亀高等女学校(現丸亀高)の生徒たちの写真が、同市立資料館で見つかった。国内にようやくサッカーが普及し始めた時代に、既にボールを追いかけていた丸亀の「なでしこジャパン」たち。写真を発見した「香川近代史研究会」の赤垣洋代表(49)は「市内に収容されていた第一次大戦のドイツ人捕虜に影響されたのでは」と推測している。

 市内の男性(故人)が1992年、資料館に寄贈した絵はがき33枚のうちの1枚。研究会が捕虜の関係資料を探していて見つけた。写真には「運動会」と説明があり、創立20周年に当たる24(大正13)年に撮影されたものらしい。

 サッカーの日本伝来は1873年とされる。1921年にようやく日本サッカー協会の前身「大日本蹴球(しゅうきゅう)協会」が発足するなど普及には時間がかかった。一方、丸亀高女の20年の資料には早くも「フットボールが盛ん」と記述されている。サッカー史に詳しいフリーライターの賀川浩さん(85)も「普及が遅かったはずの四国で女性がプレーしていたとは」と驚いている。

 市内には第一次大戦中の1914〜17年、ドイツ人用の「丸亀俘虜(ふりょ)収容所」があり、当時の陸軍省の資料に「捕虜が公園でサッカーをした」との趣旨の記録が残る。また、捕虜が来校して演奏したことがきっかけで校内にバイオリン部が設立されるなど、丸亀高女と捕虜の関係は深かったという。

 共学の進学校として有名な現丸亀高に女子サッカー部はない。当時の20年の卒業生の記念文集には「フットボールが好きで大根足になって笑われた」ともあり、悩みは現代とそう変わらないようだ。【馬渕晶子】

【関連ニュース】
女子サッカー:日テレの荒川が浦和へ移籍
サッカー:なでしこ、韓国降し3戦全勝で連覇 東ア選手権
サッカー:なでしこ、台湾を降し2戦2勝 東アジア選手権
女子サッカー:16歳のFW岩渕真奈が代表デビュー
サッカー:なでしこ、2−0で中国に快勝 東ア選手権開幕

特定看護師の制度化に向け来年度から検討を(医療介護CBニュース)
オンラインゲーム 最大256人で対戦可能 ネトゲ廃人対策も(産経新聞)
<児童ポルノ対策>ブロッキング導入先送り 違法性見解割れ(毎日新聞)
郵政改革法案、内閣バラバラ 亀井氏「決めた」、仙谷氏「再検討」 (産経新聞)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)

懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)

 国内外の二眼レフや蛇腹の中判カメラ、大判カメラなどクラシックカメラ約3000台を展示する「銚子カメラ博物館」が27日、千葉県銚子市清川町のパン製造工場にオープンする。

 開設するのは、山口製菓舗社長山口佳郎さん(47)、専務で妻の由美子さん(42)。展示品は佳郎さんの父の卓郎さんが生前、約40年間かけて収集した逸品ぞろい。2005年に72歳で亡くなったが、カメラ収集家として市内でも有名で、ドイツまで出かけて競り落とした名機もあるという。

 「貴重なコレクションを多くの人たちに見てもらえたら、父も喜ぶに違いない」。倉庫に眠っている膨大なカメラの活用を夫婦で思い立った。

 博物館は、新築した自社工場2階部分(面積約132平方メートル)。カメラの製造年ごとに明治、大正、昭和時代の展示室に分けて展示。また、映画「ローマの休日」で、オードリー・ヘプバーンが演じる王女を隠し撮りした新聞社カメラマンが持っていたライター型小型カメラの同型機を展示する「ローマの休日の部屋」も設ける。

不明の女子高生か、雲仙で遺体発見(読売新聞)
丸川珠代参院議員が国会でサイヤ人に変身(スポーツ報知)
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表−環境省(時事通信)
税額控除導入で合意=NPOへの寄付税制−税調PT(時事通信)
<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)

「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)

 さいたま市消防局が2月、生存していた男性救急患者(52)を死亡と誤判断した問題で、同局は25日、原因を「救急隊員による不十分な観察によるもの」とする外部の検討委員会の検証結果を発表した。

 外部検証は、市内外の医師7人と救急救命士4人でつくる委員会で実施。報告では、救急活動時に男性患者が低体温症などの仮死状態だった可能性は非常に低く、意識や呼吸などの十分な確認を怠った単純ミスと結論づけている。仮死状態でない患者を死亡と誤判断したケースは「例がない」(消防局)という。

 一方、消防局内の検証では「男性が動かない」などとする119番通報を前提に、隊員に死亡しているとの先入観があったと指摘。今後、市の定める判断基準に心電図測定の実施などを明記する。

 また、消防局は25日、市の基準に基づく十分な確認を怠ったとして、誤判断した桜署大久保出張所の救急隊長(52)を戒告の懲戒処分とした。救急活動に参加した救急救命士(41)と、同署長(58)、同出張所長(55)には消防長訓戒の内部処分を下した。現在、救急隊長は署長命により、救急活動に従事していないという。

【関連記事】
通報内容うのみ 救急隊出さず死亡と判断 宮古島市消防本部
東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡
また奈良・生駒…救急搬送9病院が断る 1時間20分後に大阪へ
救急車エンスト、新型インフル患者搬送20分遅れる
番地間違え救急車2分遅れ 患者は死亡 因果関係は不明

法務局課長補佐、部下の金盗む…カメラに犯行(読売新聞)
細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)
第二京阪、20日に全面開通 名神、国道1号の渋滞解消に期待(産経新聞)
首相動静(3月16日)(時事通信)
雑記帳 議会委員会室を児童らに開放 千葉・鎌ケ谷(毎日新聞)

首相動静(3月21日)(時事通信)

 午前9時19分、公邸発。同26分、皇居着。「春季皇霊祭・神殿祭の儀」に出席。(了)

フェースブックがグーグル抜き首位に 「ソーシャルの時代」鮮明に(産経新聞)
<三笠宮さま>左目の白内障手術が終了(毎日新聞)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
春闘集中回答、「非正規」改善は遠い春(読売新聞)
<アカウミガメ>世界最高齢のカメ「浜太郎」と命名 徳島・美波町(毎日新聞)

春の琵琶湖へ ウェルかめ!(産経新聞)

 琵琶湖の春の観光シーズンの幕開けを告げる「第55回びわ湖開き」(びわ湖大津観光協会など主催)が13日、大津市の大津港沖で行われ、詰めかけた市民や関係者らは壮大な観光船のパレードを楽しんだ。

 午前9時半から始まった開会式の後、大型観光船「ミシガン」が大津港を出港。観光船やヨットなど約40隻が、輪を描くように湖上をパレードした。

 ミシガンの一日船長として乗船したNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」でヒロインを演じる倉科カナさん(22)らが、春の扉を開くとされる金色の鍵(約1・7メートル、6キロ)を船上から湖面に投げ入れ、観光客の安全を祈った。

<将棋>中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)
教え子暴行元教諭、改めて懲役30年=「長期に繰り返し悪質」−広島高裁(時事通信)
女性遺体 切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近(毎日新聞)
<絶縁体>電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
彬子さま、今月米ご出張へ(産経新聞)

インフルでの入院、8週連続で減少(医療介護CBニュース)

 インフルエンザで新たに入院した患者数が、3月3-9日の週は26人で、前週より17人減ったことが17日、厚生労働省のまとめで分かった。新規入院患者数の減少はこれで8週連続。

 また、10-16日に新たに入院したのは速報値で12人で、3-9日の速報値18人より少ない。

 一方、7-13日に休校などの措置を取った学校数は前週より63校減の61校で、7週連続の減少となった。


【関連記事】
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で
「終息」とは違う―新型インフルで厚労省
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ

<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)
スカイマーク機、指示高度守らず 入力を忘れる(産経新聞)
<子ども手当法案>参院で審議入り 国内居住要件は今後検討(毎日新聞)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)

【アートカレンダー】桑原正彦展 東京・清澄 小山登美夫ギャラリー(産経新聞)

 少女や猫、クマのぬいぐるみや大きな貝、ケーキなどがアクリル絵の具で描かれている。柔らかく淡い色彩でかわいく表現された絵画はメルヘンの世界のよう。

 展覧会タイトルは「とても甘い菓子」。どれも甘ったるく、少女も明るく屈託がない。が、キャンバスには複数の少女は描かれず、みな一人で立って物思いにふけっていたり、座っていたりしてどこか寂しそう。作家自身の心の反映だろうか。あえて淡くぼんやりした色彩で孤独を覆い隠してしまっているように思えてならない。

 少女が雲に乗った「空のハニー」は、何かを祈っているようで悲しそうにも見えるし、「海浜公園」は、青い空に深い孤独感が漂っているようでもある。自己の傷つきやすい心を、汚れなき少女の姿に託しているかのようだ。

 桑原正彦は昭和34年、東京生まれ。10年ほど前から現代社会の環境問題などを暗示する奇妙な姿の生き物をかわいらしく描いてきた。ギャラリーを去って絵を思いだすと、作品全体がグレーの色彩に包まれていたように感じられた。本展ではこの1、2年の間に制作した作品を発表。27日まで(日月祝日休)。(和)

盗難 第1回アテネ五輪メダル 東京のスポーツ博物館から(毎日新聞)
ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏(産経新聞)
非核三原則「誤りだった」=佐藤元首相、苦悩の心情吐露−密約関連文書開示・外務省(時事通信)
「ゲームの決着をつけたい…」友人を失った大学生、加藤被告の死刑望む(産経新聞)
医療者の指刺し事例報告踏まえ、「穿刺器具の取扱い」注意喚起(医療介護CBニュース)

雪で電柱折損、断線…山梨県内で4000世帯が停電(産経新聞)

 東京電力山梨支店に入った連絡によると、山梨県内で9日午後から10日未明に降った雪の影響で、10日午前10時半現在で県内約4200世帯が停電している。電柱の折損や断線が原因とみられ、東電は復旧作業を急ぐとともに「切れて垂れ下がった電線は危険。見つけたら絶対に近づかず、すぐに東電に連絡してほしい」と注意を呼びかけている。

 東電山梨支店によると、南アルプス山麓(さんろく)の早川町では町役場付近の電柱が折れ、高圧線が断線するなど、町内の約1100世帯が9日午後11時15分から停電している。甲斐市双葉町でも10日午前7時過ぎから約1400世帯が停電し、原因を調査中。このほか9日夜から10日午前にかけ、韮崎市や北杜市、富士川町などの一部世帯が停電した。

【関連記事】
兼六園の石垣崩れる ホテル街が一時騒然
ブレーカーが凍り付いて停電? スキー客1時間宙づり
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」
雪で山陽新幹線に遅れ、空も欠航 中四国の交通乱れる
養殖いかだ切断、漂流… チリ地震で漁業被害拡大に懸念
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

直接支払制度を来年3月末まで猶予―出産育児一時金で厚労省(医療介護CBニュース)
地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
交錯する理解と批判…与謝野ショック、自民揺さぶる(産経新聞)
<コンテナ新法>積み荷情報通知義務付け トレーラー事故で(毎日新聞)
地域主権改革一括法案を閣議決定―介護施設の一部基準を条例委任(医療介護CBニュース)

調味料 石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響(毎日新聞)

 ラー油、しょうゆ、バジルソース……。長引く不況などで、自宅で食事をする「内食」が増え、調味料が変わってきた。手軽な節約料理がはやる背景は。【松本光央、中山裕司】

 東京・銀座にある沖縄のアンテナショップ「銀座わしたショップ」には毎月1回、行列ができる。目当ては幻のラー油とも呼ばれる「石垣島ラー油」(100ミリリットル、892円)が買える整理券だ。毎月10日に200個限定で販売し、先月も84人の行列ができた。

 ラー油は石垣島の辺銀(ぺんぎん)食堂が石垣島唐辛子やニンニクなどから製造。ご飯にかけるだけの「石ラーごはん」も評判だ。数年前から買っているという埼玉県熊谷市の主婦(67)は午前5時過ぎに自宅を出た。「味が深いというか、このおいしさは食べていない人には分からない」と話す。1月も購入した横浜市の無職男性(65)は「1人1個限定で貴重なので、先月買った分は食べていない」という。

 桃屋が昨夏発売した「辛そうで辛くない少し辛いラー油」(オープン価格)も発売2カ月で品薄となり、増産体制をとる。揚げニンニクや揚げタマネギを入れた具だくさんで、ユニークな商品名と相まって「ラー油だけでご飯を食べられる」と人気に火がついた。

 こだわりしょうゆも売れている。第三セクター「吉田ふるさと村」(島根県雲南市)が02年に売り出した卵かけご飯専用しょうゆ「おたまはん」(315円)は、カツオだしとみりんで卵のうまみを引き出す。販売数は210万本を超えた。

 洋食用ソースも好調だ。キユーピーが06年から売り出した「イタリアンテ」はパスタや冷菜、魚料理にかけるソース14種をそろえ、簡単に本格的な料理ができるとあって、08年度は前年度の174%の売り上げとなった。同社は「結婚記念日などハレの日に、家で気楽にイタリアンを楽しめる」という。

 日本フードサービス協会の外食産業市場動向調査では、昨年の売上高は前年比1・5%減と6年ぶりに減少に転じた。外食の低価格化に加え、内食が増えたことを裏付ける。

 節約料理本も登場した。火を使わずに2工程で1食約30円で調理する方法を盛り込んだ「おとなのねこまんま」は1年間で25万部売れた。編集した「アース・スターエンターテイメント」(東京都渋谷区)宣伝部は「誰もが一度は食べたことのあるねこまんまへの懐かしさも話題を呼んだと思う」と言う。

 料理研究家の栗原はるみさんは「『弁当男子』の現象があるように、料理の楽しさを多くの人が分かってきたのでは。背景には食の安全と不況、家族の復権がある。和食は健康食で、四季を通じて食材が豊富で英国や米国、ドイツでも人気。簡単レシピの本を入門編として活用し、その後にいろんな料理を覚えてくれるといいですね」と話した。

【関連ニュース】
プロの技:「ジーテン」吉田勝彦さん 中華風ご飯
BOOK:『春夏秋冬 土鍋でごはん』=小西雅子・著
食べたい:かめきちパパの毎日ごはん あまった鶏の空揚げでカレー鍋
食べたい:かめきちパパの毎日ごはん ホタテと絹さやのバターしょうゆ炒め
食べたい:かめきちパパの毎日ごはん 家族で簡単クッキー

インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
<駐車違反>キャバクラ店店長を逮捕 車両使用制限命令違反(毎日新聞)
<官房機密費>あり方を見直す考え 改めて示めす…官房長官(毎日新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
普天間「県外・国外」 首相うっかり約束!?(産経新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
ネイルサロン
ネットビジネス
債務整理無料相談
ブラック キャッシング OK
現金化
2ショットチャット
selected entries
archives
recent comment
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    AtoZ (08/30)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    めたぼ (07/15)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    ケイコとまなぶ (06/12)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    紳士28号 (06/02)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    アジャ公 (05/03)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    道隆 (01/02)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    タンやオ (12/28)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • 人工呼吸器のチューブに穴…殺人未遂で捜査(読売新聞)
    ばきゅら (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM